ただいまリンパケアセラピストスクール受講生募集中

マッサージで小顔になる?

整形以外で小顔になる方法は3つあります。

1、痩せること(脂肪を減らす)

2、むくみをとること

3、食いしばり等で筋肥大したエラやコメカミ部分を食いしばらないようにすることで筋肥大を抑える

 

整形以外でこの3つ以外に小顔になる方法はありません。

骨を動かして小顔にするとか頭蓋骨の骨の隙間(縫合部分)を調整するなんてことは

あり得ません。

頭蓋骨は解剖図で見ると縫合されており隙間があるようなイメージを持つ方もいるかもしれません。

 

しかし実際、骨の隙間なんてありませんし、あったとしてもそれを動かして形を調整するなんてことは不可能です。

 

そのほかに近年、「カッサ」や「コルギ」などの施術でかなりの強い圧で施術するサロンが増えています。

施術後に効果を感じる方もいると思いますがこれはどういう原理かというとただ強い圧をかけて体内の水分を移動させただけにすぎません。キツイ靴下を履くと体内の水分が圧で押されて移動して靴下跡が残るのと同じ原理です。水分移動だけなら問題はないのですが、強い圧を加えることに問題があります。

 

強い圧をかけてしまうと血管やリンパ管や神経等を傷つけてしまう恐れがあるうえに、色素沈着になる可能性があります。そして将来の顔のたるみにもつながります。

 

強い圧をかけたところで脂肪は無くならないが血管やリンパ管等を壊す可能性があり、そしてそんなに強くやらなくても水分移動(むくみとり)はできます。

 

リンパをやさしい圧で流すと皮下の水分が血管やリンパ管に吸収されスムーズに流れるのですが

強い圧で行うと本来余分な水分を回収してくれる血管やリンパ管を傷つけます。ただ、無理やり圧を加えるので水分の移動はしますので効果を感じるのですが、数時間で水分はもとに戻ります。しかも血管やリンパ管が壊れていたらその後は水分移動がうまくいきません。

 

このように解剖学を知っている人だったら当たり前に知っていることを知識がない人が行うとただの一時しのぎの水分移動と組織を壊し、将来に悪影響を与えることしかやっていないことになります。

 

正しい知識を持った施術者ならむくみの原因を触っただけである程度特定できますし、正しい方法でリンパを流すことでその後の水分移動もスムーズになり、術後のアドバイスも的確にできて結果小顔になっていきます。

 

術者は正しい知識と技術を身につけないといけないですし、施術を受ける方も注意が必要ですよね。