ただいまリンパケアセラピストスクール受講生募集中

 リンパについて

 

リンパとは?

 

リンパとは、全身を網の目のように張り巡らされている「リンパ管」。
その管の中の流れている「リンパ液」。
(リンパ液は血液の成分から赤血球を除いたもので、ほとんど血液と成分が変わりません)
鎖骨や脇の下、脚のつけねの鼡径部、膝の裏などにある「リンパ節」。
そして扁桃や虫垂等これらを総称したものをリンパ(リンパ系)といいます。
心臓から勢い良く送り出された血液が栄養や酸素を運ぶのに対し、リンパは体内で不要になった老廃物や疲労物質等を回収して運ぶ「下水道」のような役割を果たしています。

 

リンパの流れ

 

私達の体内にある水分は、心臓を起点として出て行き、全身を巡って心臓に帰ってきます。
動脈を流れる血液として心臓から勢いよく押し出され、全身の細胞に栄養や酸素を運び、隅々まで行き届いた血液は、各細胞から余分なもの(老廃物)を回収し、心臓に戻っていきます。

老廃物を回収する働きをするのはおもに静脈ですが、そこに入りきらなかった老廃物は、「リンパ管」を通って心臓に向かいます。

リンパ管は、動脈と違って心臓の様なポンプの役割をするものがないので、中の液体も1分間で約24cmという、とてもゆっくりとした速度で流れています。
しかも、毛細血管のように非常に細い管であるため、周りの筋肉が動くことでやっと中のリンパ液が押し出され、動く事が出来る程度です。

運動不足で筋肉への刺激が少なかったり、乱れた食生活やストレスで老廃物がたまると、すぐに渋滞してしまい容量オーバーになり、むくみ、肥満、セルライト等の原因になります。

また、リンパ管は押し出す力が弱いので重力の影響を受けやすく、足や指先など心臓から遠くて、下に位置する部分にリンパ液がたまりやすくなります。
(立ちっぱなしや座りっぱなし等で動かないと足がむくみやすいのはこのためです。)

 

 リンパの役割

 

「排泄」と「免疫」

 

リンパには、大きく分けて「排泄」と「免疫」の2つの役割があります。
リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積されて免疫機能や栄養素の取り込みまで正しく行われなくなり、むくみやたるみ、体調不良など、様々な障害が現れます。

 

・免疫

リンパには、細菌などを退治し、体を病気から守る働きがあります。
リンパ節がフィルタの役割を果たし、老廃物や細菌を濾過して、全身に細菌が回って、風邪をひいたり、病気にならないようにしています。

また、リンパ球は一度戦った細菌やウイルスの性質を記憶しており、同じ病原菌が再び侵入したときに、素早く抗体を作り出して身体を守る生体防御の能力を持っています。
リンパ球は寿命がくれば死滅しますが、この記憶は新しく作られるリンパ球にも引き継がれます。

・排泄(老廃物運搬)

老廃物は、通常は静脈に取り込まれて心臓まで戻ってきますが、静脈に入りきらない大きい物質、(老廃物等)はリンパ管に流れ込み、リンパ液となります。
つまり、リンパは、静脈では回収しきれない老廃物を回収するシステムと言うことができます。

 

 リンパが運ぶもの

死んだ細胞
細胞分裂を終え、死んだ細胞です。
老廃物
生命活動である 「代謝」の際に出てくる体内のゴミです。
タンパク質
タンパク質は分子量が大きいため静脈からではなくリンパ管で運ばれます。
糖質
体内で利用されなかった余分な糖分。
脂肪
体内で利用されなかった余分な脂肪。
化学物質
体に有害。タバコ、排気ガスから体内に侵入します。
細菌・ウイルス
細菌やウイルスは、リンパ節で免疫細胞が攻撃します。
乳酸
運動などで生まれる疲労物質が乳酸です。

 

 

 リンパ輸送

 

リンパが輸送される速度

 

リンパの輸送はとてもゆっくりです。
心臓から出て行った血液が体の中を1周してまた戻ってくるのにかかる時間が1分程度なのに対し、リンパ液が心臓までたどり着くまでにかかる時間は12時間から24時間とも言われています。これは、血液は心臓というポンプがありますが、リンパの輸送には強力なポンプの役割をする臓器がない為です。
さらに、加齢によっても流れは悪くなります。
リンパは、体内の老廃物を排泄してくれる重要な器官です。一刻も早く、排出したいですよね。

 

 リンパ輸送を促す要因

 

リンパの輸送は、強力なポンプの役割をする臓器がないのは先に説明致しましたが、ではどうやって流れているのでしょうか?
ここではそのリンパの輸送を助ける要因を纏めました

  • 1.筋肉運動(骨格筋ポンプ)
    リンパは、皮膚や内臓から始まり心臓に戻ってくる体液輸送の仕組みで、深部のリンパ管はポンプ運動しているが血液循環の心臓の強力なポンプの影響を直接受けていないため筋肉の収縮などの刺激の補助を受けて助けられて流れる。
  • 2.呼吸(横隔膜ポンプ)
    呼吸によって横隔膜が拡張・収縮し、これによって胸管が刺激され、リンパ液が循環するのを助ける。
  • 3.腸蠕動運動(内臓筋ポンプ)
    自律神経によって腸蠕動運動が起こり、この内臓筋のポンプによって腹部のリンパ輸送が補助される。
  • 4.血管の拍動(拍動ポンプ)
    血管の拍動によりリンパ管が刺激されリンパ液が流れる。 リンパ管の多くは静脈に沿って位置している。
  • 5.外部からの刺激(リンパドレナージュ等)
    リンパを輸送させる効率的な方法がリンパドレナージュです。